交通事故の相談内容

人生の中でも多くないと思われる交通事故ですが、それでも実際に被害者になることはあるものです。不運なことに交通事故が続いて起こるケースも少なくありません。あまり多く経験することがないものなので、実際に起こった時にはどのように行動したらいいのかわからなくなりますし、またどう考えたらいいのかもわからないものです。誰もが被害者になるとこのような悩みを共通して抱えてしまうものです。交通事故では専門的なアドバイスを行ってくれる相手が必要になります。そんな時にどういった相談内容が多いものなのでしょうか。

物損に関して最も大きな相談内容は過失割合です。交通事故時のことは被害者と加害者の2人にしかわからないことがあります。それだけにどちらかがうそをつくこともあります。そうなると正しい過失割合が出てこないこともあります。一般的には車の傷などで過失割合の精度を上げて導き出すことは可能ですが、本当に正しい過失割合になっていないケースも実はあるのです。そんな時被害者としては納得できないものです。

人身関係について最も多い相談内容は慰謝料や逸失利益など、具体的な示談金に関する項目となっています。特に後遺障害認定された場合には示談金が大幅に上がるので専門家に相談しなければならないものです。金銭的なことは素人ではなかなかわからないため、きちんと専門家に相談しましょう。